」を検索した結果、6893件の記事が見つかりました

欧米市場、乱高下の果て!

『ユーロが一時下落、ジャクソンホールめぐる報道で』(REUTERS)・・・ ユーロ円は 130.39⇒129.61、ユーロドルは 1.1758⇒1.1691 とユーロ急落を演出!

それに先行してポンドは、UK @17:30 7月失業保険申請件数=前月比▼0.42万件(前回△0.59万件)/6月失業率・ILO方式=4.4%(75年以来の低水準/市場予想4.5%)っていういい数字に:

ポンド円は 142.38⇒143.09、ポンドドルは 1.2843⇒1.2901、そしてユーロポンドは 0.9142⇒0.9082 と買い誘発! ・・・ そのあとも、欧州市場は狭いレンジながらもブレまくり、US @21:30 7月住宅着工件数=前月比▼4.8%・年115.5万件(市場予想△0.4%・122万件)/7月建設許可件数=前月比▼4.1%・年122.3万件(同▼2.0%・125万件)には反応薄。 さ~て、あす未明のNY市場では?

ドル円底堅くも、今夜遅くまで見極めモード?

米朝対立の警戒感の後退、US @21:30 輸出物価指数=前月比△0.4%(市場予想△0.2%)/8月ニューヨーク連銀製造業景況指数=25.2(14年9月以来の高水準/市場予想 10.1)/7月小売売上高=前月比△0.6%(同△0.3%)、@23:00 8月NAHB住宅市場指数=68(同 64)っていういい数字に・・・

ドル円は一時上振れ 110.85タッチも、米金利(10年債利回り=2.28%と8日以来の高水準)の上昇幅縮小で売り戻されるも再上昇、クロス円も底堅く推移したNY市場 ・・・ そして今日は、イベント的にFOMC議事要旨を巡る見極めモードで、NY TIMEまでは売り買い交錯の展開かな?!

ドル円上昇、クロス円は頭打ち!反動も…

hnb0038-049

『米2長官(マティス国防長官とティラーソン国務長官)「北朝鮮挑発やめれば交渉の用意」新聞に寄稿』(NHK)、ダドリーNY連銀総裁の「(経済が想定通りに推移すれば)”年内あと1回の利上げと9月のバランスシート縮小” 支持」発言でもあって、米朝の緊張緩和期待から円売りへと傾いたNY市場を引き継いだ東京市場では・・・

「『North Korea Backs Off Threat to Hit Guam/北朝鮮、グアム攻撃の威嚇姿勢を軟化』―― 米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせると決めた」(WSJ)報道もあって、ドル円・ユーロ円ともに一段高、日経平均は5日ぶりに反発♪ ・・・ USDJPY=110.47、EURJPY=130.03、GBPJPY=143.17タッチ。

あすの東京市場を占うために!

結局、JPY @08:50 4-6月期GDP・速報値=前期比△1.0%・年率換算△4.0%(市場予想 △0.6%・△2.5%)っていういい数字でも・・・
CN @11:00 7月小売売上高=前年比△10.4%(同 △10.8%)/7月鉱工業生産=前年比△6.4%(同 △7.1%)/1-7月固定資産投資=前年比△8.3%(同 △8.6%)っていう悪い数字にも・・・

連休明けの東京市場は、円売り基調でありながらも、日経平均は4日続落、中国株は4日ぶりに反発! ・・・ そしてここまでの欧州市場は、材料難とあってドル円もクロス円も上値が重くなってるはいるけど、欧州株は反発・堅調で推移♪

さて、NY勢は米朝間の緊張感は癒えてきたとみるか、それとも引き続き不測の事態を危惧する反応を見せての相場展開となるのか? あすの東京市場を占ううえでも、Watch out!

自律反発の逆行く週明け、早朝下振れ!

pla0006-009

先週末のNY市場は、自律反発っぽくドル円・クロス円とも上値を重そうに上昇基調でCLOSEしたけど ・・・ 週明けのオセアニア市場は、ちょっぴり売り先行もほぼ横ばい!

・USDJPY: 109.15-20 (12日@06:00) ⇒ 109.10-15 (14日@05:40)
・EURJPY: 129.06-11 (12日@06:00) ⇒ 129.00-10 (14日@05:40)
・GBPJPY: 142.06-11 (12日@06:00) ⇒ 141.95-05 (14日@05:40)

大ブレありそうな今週のマーケット!

薄いマーケットのなかで ・・・ 北朝鮮リスク、パッとしない米経済指標、そしてRBA(オージー高牽制?)・FOMC(追加利上げ時期は?)・ECB(量的緩和中止?)の議事要旨から読み解く今後の “スケジュール感” で、一発・二発と大ブレもありそうな今週のマーケット! そこで気になるイベント・チェ~ック♪

チキン・ゲームに付き合う市場!

freefoto06

米朝トップのチキン・ゲームに付き合わされた、今週のマーケットPlayBack!

108・72タッチで買い戻し基調!

US @21:30 7月消費者物価指数=前月比△0.1%・前年比△1.7%(市場予想・△0.2%・△1.8%)/7月CPIコア指数=前月比△0.1%(同△0.2%)っていう数字に、ドル円は「108.72」と4月19日(108.39)以来の安値ワンタッチ!

そして乱高下したものの、109円ちょうどを挟んで膠着状態ながらも買い戻し基調、クロス円(ポンド円=142.07)やユーロドル(1.1847タッチ)は底堅く推移、米株は反発して来週へto be continued!

109円ちょうど挟み、脱出する!?

dsp0001-001

ドル円、日本勢不在のアジア・タイムで、「108.91(6月14日以来の安値)」タッチ♪ ・・・ そしてリバウンド狙いの欧州勢によるユーロドルの買い参入につられドル円反発あと、再び108円台再突入もなぜか108.91を付けるまでと、何かあるのかな?

ドル円は109円ちょうどを挟んでの揉み合い状態、EURJPY=128.06と7月6日以来、GBPJPY=141.28と6月23日以来の安値タッチと、円買い基調で推移のアジア⇒欧州市場から ・・・ このあとの米イベントでどっちへ脱出?! 楽しみだけど、来週の連休明けの東京株式市場へもつながるだけに、NY CLOSEに一喜一憂! 

バナーワイド

TOPへ