」を検索した結果、7271件の記事が見つかりました

極超厚の111円ちょうど、調整地合いへ?

rhododendron-2146967_640

111円ちょうどの極超厚壁に、ワンタッチで跳ね飛ばされたドル円 ・・・ 今週も引き続き不透明なイタリア政局 + 米中通商協議の共同声明が出され、関税合戦はこれで終息? + 米朝の駆け引きは?

そして原油高と米金利高が織りなす米株動向と金融当局者発言で、止まらないユーロドルとポンドドルの下落に、調整も? ドル円はまた、上値トライ? クロス円も面白くなりそうな今週の気になるイベント・チェ~ック♪

不透明感多発も、ドル堅調!

money-1428594_640

ユーロはイタリア政局、ポンドはEU離脱への懸念再燃で揺れ、ドルは米中通商協議の不透明感は意識されたものの堅調に推移し・・・

ドル円は、北朝鮮の米朝首脳会談再考示唆(16日)もあったけど、米金利上昇で111.08タッチ! ・・・ そんな今週のマーケットPlayBack!

リスクオフっぽく円に買い戻し!

ドル円は「111.08」(1月23日以来の高値)ワンタッチ@Londonも ・・・ イタリア政治リスクと米中貿易交渉を巡る不透明感から、米株軟調・米金利低下で円に買い戻しが入る流れで、来週へto be continued!

「111円ちょうど」極攻め!

US 5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数=34.4(市場予想21.2)@21:30 っていう数字、米金利上昇がドル買いを支え、ドル円は110円で足固め!

ユーロはイタリア政局が響いて、資源国通貨でもあるポンドはEU離脱問題を抱え、ドルにとって代わる通貨に浮上はできずも ・・・ ただ、米中通商交渉を巡る不透明感や米朝首脳会談の開催に暗雲が立ち込め始め、ドル買い一巡で小休止、米株は反落(+。+)

そして週末のきょうの東京市場は、国内輸入企業のドル買いもあって引き続き円軟調の中、ドル円は111円ちょうど攻めの局面(110.99/1月23日以来の高値タッチ)とあって、円安で買い先行した日経平均は上値が重い展開(△115⇒△28円)! ・・・ このあとのお昼のドラマをWatch out♪

ドル円に連れ高、クロス円も底堅く推移も…

イタリアの政治・財政不安で売られたユーロ、英国のEU離脱への懸念再燃で売り基調だったポンドも一服したNY市場の流れを引き継いでの今日の東京外為市場では・・・

高止まりで水平飛行のドル円(Central rate=110.36)は、一時米中貿易協議の不透明感再燃で崩れるもすぐに戻すなど底堅く推移し110.74(1月23日以来の高値)タッチ、クロス円もつれ高!

・・・「英国はEUに(移行期間後の)2021年以降もEUの関税同盟に残る用意がある」(前日のDaily Telegraph/日経)がきっかけで買い戻されたポンドは東京市場でも継続、ポンド円は149.83(2日以来の高値)タッチ!

これからは上を見るドル円!?

euro-96598_640

米金利上昇がもたらしたものは「ドル高=米株安」・・・ 前日の US @21:30 5月NY連銀製造業景況指数=20.1(市場予想15.0)/4月小売売上高=前月比△0.3%(2カ月連続の増加/市場予想△0.3%/前回△0.6%⇒△0.8%と上方修正)から米景気の強さを確認あと、ドル買い加速、ポンドは売り先行も揺り戻されたけど、ユーロはズルズル!

ただ、ドル円はやっと110円ちょうどを突き抜け、110.45(2月2日以来の高値)タッチあとは水平飛行 ・・・ このまま金利が上昇するようだと、まず①1月23日以来の111円台、②111.48(1月18日)、③1月10日以来の112円台乗せがターゲットに! その先は、④年初来高値(113.38/1月8日)の更新か?!

クロス円に売りで、上抜けず!このあとは?

ドルが反発、そしてユーロ売りが目を引いた前日のNY市場! 米金利上昇にドル円は底堅く推移し、先週末から買われたユーロはこの日もハト派の仏中銀総裁がECBが新たなガイダンスを示すとタカ派的見解示唆で続伸も・・・

クーレECB理事の「政策金利は現状水準に相当期間とどまる」発言もあって売り戻され、米株は米中通商協議の楽観的見方から8日続伸しCLOSE♪

東京市場でドル円(Central rate=109.70)は、日経平均が4日ぶりに反落で終えたの待って “買い” は入ったものの、すっかりドル円の “心理的な節目” になってしまった “110円ちょうど” 跨いでまたもや上値は重くなり・・・

手がかり模索、ドル円底堅くも…

freefoto38

緩やかに円売り・ドル売りで推移してた為替相場で、方向感なく揉み合いで推移した週明けのドル円(Central rate=109.33)・・・ それでも、マイナス・スタートの日経平均の反転・上昇に合わせ、さらに欧州TIMEに入っても底堅く推移。

USDJPY: 109.40⇒109.21⇒109.56(TKY TIME)⇒109.59 ・・・(フランス中銀総裁、ECBの)資産買い入れの終了が近づきつつある」(日経)発言もあって、EURJPY=131.37(3日以来の高値)、EURUSD=1.1990(4日以来の高値)タッチ! ポンドはつれ高で、GBPJPY=148.95、GBPUSD=1.3596タッチ!

104・64からの買い戻し一巡?

今週は「経済指標+米金融当局者の発言+本邦3月期決算」の3本柱のイベントで、ドル円は109円台から放たれるか!? ・・・ 5月に入って、2月5日以来の110円台に一歩は踏み込むものの、”ちょうど” をまたいでは跳ね飛ばされちゃう窮屈な動きを強いられてるドル円!

地合いは米株が最高値更新劇を演じ、米金利は上昇基調にありながら、ムニューシン財務長官のドル安容認で110円割れした2月上旬 ・・・ なんか今のステージは、それに似てない?!

バナーワイド

TOPへ