• JPY 日銀会合、金融政策の現状維持を決定!
  • 日権「展望リポート」―― 17年度のGDP +1.9%、18年度 +1.4%、19年度 +0.7%
  • ・・・ いずれも前回と同じ / 成長ペース鈍化も景気拡大の見込み
  • ・・・ 消費者物価の見通し、据え置きも、下振れリスク示唆
  • ・・・ 物価2%の達成は「19年度ごろ」維持
  • ―― これに円買い誘発・先行、ドル円は110.55タッチ!

」を検索した結果、7122件の記事が見つかりました

つなぎ予算可決もドル力不足!日銀会合は無風?

【追記】
JPY 日銀会合、金融政策の現状維持を決定!
日銀「展望リポート」―― 17年度のGDP +1.9%、18年度 +1.4%、19年度 +0.7%
・・・ いずれも前回と同じ / 成長ペース鈍化も景気拡大の見込み
・・・ 消費者物価の見通し、据え置きも下振れリスク示唆
・・・ 物価2%の達成は「19年度ごろ」維持
―― これに円買い誘発・先行、ドル円は110.55タッチ!

~~~~~~~~~~

雪景色とともに為替レートの大台も様変わり! ・・・ 上院に続き、下院でも今朝方、「2月8日まで」のつなぎ予算を “可決” したけど、肝心の18年度予算成立に向けての協議は前途多難、”可決” は単なる一時しのぎと、ドルの反発に力強さは見られず、ドル円は111.22止まり!

米政局のドル売りからリスクオンのドル売りへと、ドル売り基調は変わり映えない感じ ・・・ もちろん、トランプ・リスク(26日、トランプ大統領が講演@ダボス会議@22:00)もあるけどネ(*’-^)

ユーロドルやポンドドルは堅調で、ポンドドルは英EU離脱を決めた16年6月24日以来の1.40台を回復! クロス円も底堅く、ポンド円は155.33と16年6月24日以来の高値タッチ!

今週末も波乱含みも、まずは明日!

person-1100286_640

日銀会合で緩和継続を確認なら円軟調、ECB理事会でユーロ高牽制があれば調整のユーロ反落(緩和縮小のヒントが出ればユーロ一段高)・・・

さらに、米国債入札やタカ派のFRB理事指名承認@公聴会がドル買いを誘ってみたりも ・・・ トランプ大統領の保護主義的な演説@ダボス会議 で、大どんでん返し\(+×+)/

そんなこともイメージしながら、今週の気になるイベント・チェ~ック♪ ・・・ ちなみに、まずは米政府機関の一部閉鎖絡みであす早朝のドル相場、そして “降雪?” による帰宅時の交通手段と “足元” にはお気をつけて(〇ο〇)

居心地良かった110円前半へ逆走か!

ドイツ連立協議が再破談でユーロが急落してみたり、米国で暫定予算終了期日を控えても良好な米企業業績への期待感から米株が連日で最高値更新してきたり ・・・

そんななかで、ユーロとポンドは対ドルと円で堅調に推移し、ドル円は110円台が居心地がよくなってきた感じだった、そんな先週のマーケットPlayBack!

ちなみに、トランプ大統領の就任からちょうど1年だったきのう20日、つなぎ予算の延長が途切れちゃって、週末とはいえ政府機関が一部閉鎖(”自由の女神像” 公開中止等)。

・・・ この事実が、2年目へ突入したトランプ大統領の政権運営に、あとあとボディーブローとなって効きてくるのか? それとも移民政策の交渉で駆け引きし、結局暫定予算案を通さなかった民主党批判がはためくことになるのか?

米連邦予算、失効!嫌気のドル売りへ…

capitol-720677_640

米連邦予算の期限切れを意識しながら、好調な米企業決算、インフラ投資・雇用回復+原油高基調に、物価上昇期待から長期金利が上昇、ドルが買い戻され、NasdaqとS&P500は最高値を更新して、来週へto be continued!

ところが、下院に続いて上院も暫定予算可決! っていう楽観的な思惑がハズレ、政府機関の一部閉鎖へ! ・・・ 本予算(2018会計年度・17年10月-18年9月)成立のメドが立たないばかりか、つなぎ予算も失効、つまずいての政権2年目のスタートに、週明けは嫌気のドル売り先行┐(´.`)┌ それとも、このあとの交渉で事態打開、Happy endが待ってる?

ドル円、まる1年からの大一番!

dollar-1644801_640

米つなぎ予算が切れるきょう、あす就任1年のトランプ大統領にとって、政府機関の一部閉鎖を回避させ “2年目突入” を飾るには、必須条件の “期限延長” ・・・ Tokyo Time(午前)で「2月16日まで」の延期が下院で “可決” されたあとも、「上院では?」

米19日深夜に失効 ・・・ 様子見せざるを得ない週末の東京市場は、買うに買えず・売るに売れずで、ドル円は111円ちょうどを挟んで終始小動き(110.85~111.13)、日経平均は反発も伸び悩んで午前の取引終了。

そして午後、上院での “可決待ち” でドル円は水準を切り下げ(110.66~111.04)、日経平均は一時マイナス圏、△109⇒▼27⇒△44円 ・・・ もう一つ、ウォール街は “トランプ政権1周年” の前夜祭とばかりに、今夜花火を打ち上げるか?! Watch out(^_-)

マネーの米回帰、大丈夫?

「ドイツの連立協議混迷 vs ECBによる金融政策の正常化観測」で揺れるユーロに対し、減税効果で米企業が18年の収益予想を引き上げる決算をマーケットは好感、マネーの米国内回帰も意識され、ベージュブックで「経済活動のペース拡大、賃金は緩やかに上昇」ってこともあって、米株が大幅反発♪

・・・ 米金利は上昇、ユーロロングの調整からドルが買い戻され、ドル円も111円台へ再浮上! っていう前日のNY市場。

これにきょうの東京市場は、「ドル買い/円売り=株高」先行 ・・・ ただ、買い一巡? 上値攻めの勢いに欠き、ドル円は111.48タッチがいっぱい一杯、日経平均は△216⇒▼168円┐(-_- )┌

週末まで「行って来い」の連続相場に!?

どんでん返しのドイツ政局にユーロ急落、そして突然の米株反転・反落と、きのう繰り広げられたおかしなマーケット展開で ・・・ きょうの東京市場はこれまた反転相場気味に、円は売りモードへ、日本株は下げ幅縮小で午前の取引終了!

20日のトランプ大統領就任1年を前に、19日の「米国、暫定予算案終了」vs「良好な米企業業績への期待感」などが意識され、『あれから1年! ドル円と株の奇跡(軌跡)』で名付けた “Trump Week” にふさわしい、ハチャメチャなマーケット展開になってますね\(+×+)/

予期したユーロ落下、結果オーライ!

euro-96598_640

夕方になって、突然のユーロ急落! いったい何が起こったのか? ・・・「ドイツの第2党、社会民主党(SPD)がメルケル首相との連立協議を拒否したとのニュースに、ユーロ売りで反応」(REUTERS) EURJPY: 136.10@TKY⇒135.06@LDN、EURUSD: 1.2283@TKY⇒1.2202@LDN

・・・ まさか・またかの大ドンでん返し! の報道だったけど、先読み・『新鮮味薄れて、ユーロ反落か?』とFXCAFE®JPで14日にブログ、違った意味で連立協議の “賞味期限切れ” によるユーロ落下を予期していただけに、愛読者の皆さんも “結果オーライ”(^_-)☆

円反落! 杞憂に終わればいいネ♪

きょうここまでの東京市場 ・・・ ドル円はずるずる下げたNY TIME(祝日)で付けた110.33(9月15日以来の安値)あと、明け方からの巻戻しで110.95タッチ!

クロス円は堅調で、EURJPY=136.09、GBPJPY=153.09タッチと大台回復とBog figureが変わる為替レートに、ドル円も? ・・・ 円高一服で、日本株は上昇モードに切り替わり、続伸して午前の取引CLOSE♪

バナーワイド

TOPへ