」を検索した結果、7366件の記事が見つかりました

早くもジャクソンホール見据えて…!?

asagaoichi2013

・「トルコ格付けを「(Ba2⇒)Ba3」に引き下げ、見通し「(安定的⇒)ネガティブ」=ムーディーズ」(REUTERS)… S&Pも、外貨建てを「BB-⇒B+」、自国通貨建て長期債務格付けを「BB⇒BB-」に引き下げ、見通しは「安定的」
・「トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安」(REUTERS)
・「ジャクソンホール会議、低インフレの根本原因など討議へ」(REUTERS)
・「U.S., China Plot Road Map to Resolve Trade Dispute by November 」(WSJ)… 米中首脳会談、11月にも!?

トルコ問題よりも米中通商摩擦緩和へ期待、週末のポジション調整も出たようで、欧州通貨に買い戻し+米株続伸 で来週へto be continued!

下値模索か!

東京外為市場でドル円は、Central rateこそ 110.83(きのう)⇒ 110.87 と小康状態も、中国株が景気減速懸念から続落とあって、クロス円とともに下落基調で推移し・・・

LON TIMEでは欧州株の反落模様に、下落幅拡大! 来週のオープニングベルを占ううえでもこのあと、週末のNY市場動向が気になるとこ(; ̄O ̄)

ちょうど接近で、方向感に欠く地合い!

貿易摩擦緩和へ米中協議が再開か? っていう期待感が浮上した今日の東京市場 ・・・ とはいえ、日本株をはじめ香港・中国株は下げ幅縮小もアジア株はマイナス圏で引け、ドル円は、Central rate: 110.76(14日)⇒ 111.37(きのう)⇒ 110.83(きょう)っていう方向感に欠く地合い!

きつ~い円高! 一服もまだ怪しい?

wave-2147491_640

・USDJPY= 110.43、EURJPY= 124.91(5月28日以来の安値)
・GBPJPY= 139.91(17年8月以来の安値)
・EURUSD= 1.1301(17年6月28日以来の安値)、GBPUSD= 1.2662(17年6月以来の安値)タッチ!

米金利は低下、欧米株は大幅安 ・・・ GOLDはこのリスク回避の地合いにもかかわらず奇行の大幅反落と、この夏は酷暑をもたらしているばかりか、マーケットもトルコ・ショックの席巻で異常現象多発中!

ドル円シッカリも、クロス円失速のままで…

前日の海外市場では、リラ安一服もつかの間、”トルコ大統領、米国製品の不買運動の構え” っていう報道もあって、ドル円・クロス円・欧州株が失速

とはいえ、トルコ安一服に米株の反発に気を好くして、日本株もプラススタートはしたものの、「欧州の金融機関+新興国からの資金流出+中国の景気減速」への警戒感に加えて、「トルコ、米国製品の輸入関税引き上げへ」っていう報道もあって・・・

香港・中国株の続落につられるように、日経平均はきのうの △498円 とは対照的に △24⇒▼245⇒▼151円 と反落(>_<)

ジリ高! トルコ・ショック一服?

euro-96598_640

市場を席巻のトルコ・ショック、一服? ・・・ トルコ情勢(デフォルト・銀行破たんの連鎖)への懸念・警戒感から、海外マネーの流出・ドルへの逃避、リスク回避の円高進行も、週明けの海外市場では “米国人牧師、近く解放へ” っていう噂が出たようでドル売り・円売りに一時傾斜。

噂は噂と確固たるリバウンドにはつながってはいない感じも、まずは今日の薄~い東京市場でもクロス円・ユーロドルは底堅く推移 ・・・ USDJPY=110.86 EURJPY=126.48 GBPJPY=141.50 EURUSD=1.1413タッチ! さ~て、欧米市場では?

円、独歩高! 谷間で壊滅のアジア株

これといったイベントが予定されてない今日、お盆休休暇でマーケットは薄い中、まずは東京TIMEで円独歩高(Central rate:110.88(10日)⇒ 110.25(きょう))、アジア株は全滅!

・・・ USDJPY=110.11(6月28日以来の安値)、EURJPY=125.15(5月29日以来の安値)、GBPJPY=140.33(17年8月以来の安値)、そしてEURUSD=1.1366(17年7月6日以来の安値)タッチ。 

日経平均株価は 440.65▼1.98%(21,857.43/7月6日以来の安値)で7月11日以来の2万2000円割れ(>_<) ・・・ これで明日のTokyoは、NY市場次第に!? Watch out!

怪しいフェイントも…巻き戻しへ?

去年のお盆期間はちょっぴり円安基調だったけど、今年は? 先週は、地政学リスクや英国の合意なきEU離脱などで、クロス円を中心に円高進行も・・・

その週末のNY市場CLOSEでは、米国=トルコの外交関係緊張緩和への期待も出て、ドル円とユーロ円・米株には、フェイントにも自律反発っぽくも見えた〆だったけど、まずは材料難の中で明日のマーケットはどんな展開に? ・・・ この先のポンドの動きも気になる、今週のイベント・チェ~ック♪

マーケット、ぶち壊された!

brexit-2123573_640

“トランプ大統領 vs 欧州・中国” の構図に、「トランプ vs イラン・トルコ」や “英国の合意なきEU離脱” も加わって、円急伸の今週。

・・・ さらに、タチの悪いことに、欧州の銀行破綻までも連想させちゃって、この疑心暗鬼の市場心理は長引きそう?! 株価上昇カーブもぶち壊された、そんなマーケットの1週間PlayBack!

バナーワイド

TOPへ