」を検索した結果、7237件の記事が見つかりました

仕組まれたものなら…

『財務次官セクハラ報道でテレビ朝日が(午前0時から)会見へ』(NHK)/『福田次官セクハラ疑惑 被害者はテレ朝社員』(毎日)/『福田次官が辞任、セクハラ否定し裁判で争う考え』(読売)・・・

マーケットには “過剰反応” っていう動意や、投機筋の仕掛けがあるけど ・・・ マスコミも “安倍内閣・財務省” 問題・疑惑を巡っては、付きまといのような・貶めるような・扇動するような過剰的な反応・姿勢があるようにも!?

でも、昨夜のBSフジ・プライムニュースに出演していた飯島内閣官房参与、今朝のフジテレビ・とくダネ! に出演したデーブ・スペクター氏、お二方のコメントは新鮮でした!

・・・ マスコミの過熱気味な “財務省問題・疑惑” 絡みで、”説明責任=辞任” を求める偏重報道にわたし的にはウンザリしていたところ、痛快に安倍首相と福田事務次官をある意味で擁護するような発言をした両氏。

それに司会者のタジタジぶりが目を引いたけど ・・・ ニュース番組やいわゆるワイドショー的番組はこれまで連日、”辞めるまで追い込もう” とするような策略的な執拗なまでの追及ぶり。

アク抜け? ドル円の向かう先は!

シリア情勢でマーケットに過剰反応は見られず、円売りスタート!・・・ 週末を挟んで一拍おいたせいか? 米国でちょっとした波紋を呼んでる “Mission Accomplished!” っていうトランプ大統領のツイートが効いたか?

軍事行動は今回限りにとどまりそうってことや、また化学兵器禁止機関の調査チームが現地入りしたこともあって、地政学リスク・軍事衝突の悪化懸念が後退!

・・・ “空爆” はなかったかのように円売り先行も、ドル円は 107.61⇒107.16、クロス円も上昇から上げ幅縮小、日経平均はプラス圏での推移(△100円)も一時マイナス圏に足を踏み込むなど方向感のない展開に。

窓開け円高先行も意外と円売りへ!?

donald-trump-1301259_640

原油高を背景にした資源国通貨高、5月の利上げ観測からポンド高 ・・・ そんな基調だった先週から一転、もしかして今週は揺り戻し相場?

いえいえ、週明け明朝は14日の米英仏によるシリア爆撃で、まず地政学リスクからギャップを伴って円買いが先行か\(+×+)/ っていうシナリオもあり得そうだけど・・・

懸念が現実化! 衝撃は円に波及?

通商・地政学の両リスクが、足元マーケットの不安定化を演出! ・・・ 米中・米露の経済摩擦では報復の応酬が飛び交い、そしてシリア情勢では懸念が現実化(14日、米英仏がシリア空爆)

・・・ 国内では収束どころか、ぽこぽこ飛び出す・止まらない新聞社のスクープで安倍内閣への不信感増幅、アベノミクスが窮地に追い込まれちゃった雰囲気に?

それでも ・・・(1)安倍首相、訪米で支持率挽回? (2)米国のTPP復帰で前進? (3)マティス国防長官の「攻撃は “1回限り” のもの ―― 再び化学兵器使用なら追加」と泥沼化はなさそう? っていう材料に、あふれ出てくる不透明感の一掃を期待!

シリア攻撃! ドル円、閉じ込められたBOXから解放?

sunrise-1756274_640

「トランプ大統領、日本時間の⑭日午前10時すぎ、アメリカ軍に軍事攻撃に踏み切るよう命じた(と声明を発表)―― イギリスとフランスも作戦に加わっている」(NHK/一部抜粋 @10:35)・・・ これに週明けのマーケットは?

BOEによる5月の利上げ観測からポンドが上昇、シリアとロシアを揺さぶるトランプ発言で地政学リスクの浮き沈みにドル円は方向感なくBOX相場に閉じ込められ、原油続伸とポンド円に引っ張られクロス円堅調 ・・・ 株式相場も底堅く推移した、今週のマーケットをまずはここでPlayBack!

ドル円とクロス円、ポンドも大失速!

【速報・追記】
・『「シリアへ軍事攻撃に踏み切った」トランプ大統領』(NHK @10:35)
・「マティス国防長官、”今回の軍事攻撃は1回限りの攻撃だ”、作戦はすでに終了」(NHK @12:14)
―∞○∞―……―∞●∞―……―∞○∞―

ドル円は「107.78」(2月21日以来の高値)、ユーロ円は「132.90」(2月21日以来の高値)、ポンド円は「153.84」(2月8日以来の高値)・・・ そしてポンドドルは「1.4296」(1月25日以来の高値)、ユーロポンドは「0.8628」(17年5月以来の安値)タッチ!

米企業の好決算を好感して続伸模様も、NYダウがスタート直後から利益確定に押される格好で △163⇒▼239 と下落に転じちゃって、つれてドル円とクロス円、さらにポンドも大失速して、来週へto be continued!

切り上がるドル円、良くも悪くもトランプ相場!

girl-1064664_640

トランプ大統領の2つの決断(・シリアへの軍事行動の判断先送り ・TPP復帰検討指示)と持ち高調整もあって、ドル円(Central rate=107.33)は107.68(2月27日以来の高値)タッチと切り上がり、クロス円も堅調、日経平均が反発したきょうの東京市場♪

さて、海外勢はこのTokyoの流れを来週につなげられるか?! ・・・ 欧州TIMEに入ってポンド一段高が演じられたけど、このあと注目の米企業決算発表など “数字” をWatch out!

シリア情勢へ最終決断! 荒れる週末?

シリア情勢への警戒感後退で、米株は決算期待もあって大幅反発、ドルには買い戻しが入ったものの ・・・「『「決断はまもなくだ」米大統領 シリアへの攻撃』― 国家安全保障会議が開かれ、トランプ大統領がどのような判断を示すのか、注目」(NHK)っていう状況の変化待ちとなって、ドル買い一服。

一方、ポンドは引き続き “5月のBOE利上げ” を想定した買いステージに! ・・・ さ~て、トランプ大統領の最終決定は? 週末に大相場は嫌だな(; ̄O ̄)

先安観ど真ん中のドル、ユーロも不安定化!?

“準備しろ。ミサイルが行く” ・・・ そんな不気味なトランプ大統領のツイート(*1)もあって、シリア情勢(化学兵器使用の疑惑)を巡って米露関係の悪化を懸念、昨日から今日にかけて「円買い・株安」でリスク回避の姿勢を強めるマーケット!

・・・ そのど真ん中にさらされるドルは売りっ気で、ドル円は106円台での推移。日経平均は終始軟調で小反落で大引けした今日の東京市場。

ただ、欧州TIMEに入って、『ドイツ、景気回復ペースは幾分鈍化 貿易摩擦が逆風に=独経済省』(REUTERS)っていう月次リポートもあって、欧州通貨に対しドル反発や・・・

『シリアに関する米とのホットライン、双方が使用中=ロシア大統領府』(REUTERS)報道や、”very soon or not so soon at all!” っていうトランプ氏最新ツイート(*2)・・・

ダウ先物の上昇にドル円は107円台回復と、マーケットにはぐるぐる回る風が吹き込んでる感じで ・・・ 不安定な為替相場は、このあとどんなステージに?

バナーワイド

TOPへ