」を検索した結果、7587件の記事が見つかりました

売りに覆われる市場!

dri0002-004

5月だというのに各地で真夏日・猛暑日が記録され、HOTerな日本列島だけど ・・・ マーケットは米中摩擦+英EU離脱問題でクールダウン中(; ̄O ̄) あすからのマーケットのベースとなる、そんな10-17-24日のマーケットをPlayBack!

とりあえず反発…次のシナリオは!

トランプ大統領の「貿易交渉は中国の譲歩で早期終了」示唆で、妥結に向けた進展期待と3連休(UK Late May Bank Holiday US Memorial Day)控えたポジション調整 ・・・ さらに、メイ英首相の辞任表明でEU離脱ステージの幕が変わることから、とりあえず欧州通貨・欧米株は反発し、来週へto be continued!

『ジョンソン英政権誕生か、EUには悪夢-合意なき離脱が現実味』(Bloomberg)・・・ 6月7日にメイ氏が与党・保守党の党首辞任・首相交代(7月?)に向け、”合意なき離脱加速” の思惑で、再びポンドが売られそう!?

・・・ 対欧州通貨でドルが売られたことにつられてドル円も下落基調でCLOSEしたけど、米中交渉のベースには安全保障上のリスクがあるだけに、英国+米中の2つの「合意なき」に押し出され、この先しばらく「円高・日本株安」トレンドに変わり無しかな?!

ちなみに、きょう午後に令和初の国賓として訪日するトランプ大統領(~28日)は、週明けの東京市場に向けてどんなリップ・サービスするか♪ 不安と楽しみ交錯!

秒読み! 円独歩高に…

米中貿易摩擦の長期化懸念から米金利低下+円高+株安 ・・・ そして、この問題に加えて “もはやこれまで、メイ首相の辞任秒読み” とあって、不透明感がマーケットを覆い尽くすばかり!

ドイツや欧州圏の5月PMI・速報値の数字も芳しくなく、円独歩高の様相 ・・・ ちなみに、対ドルでポンド上昇の怪も見られるLondon Timeだけど、このあとは?

ドル円、じり高も同水準に戻るパターン化!

freefoto13

前日のNY市場は、先週からのファーウェイ制裁の余波で米中報復戦への警戒感と、英国・与野党のブレグジット協議決裂が尾を引いて、欧米株は続落、ポンド軟調も・・・

ドル円は米金利上昇で底堅く推移! とはいっても、為替水準は先週末のNY CLOSEからはほとんど変わらずでパウエルFRB議長の講演待ちとなって・・・

そして東京市場で、US パウエル議長から金融政策などについて言及なく、悲観さもなくドル円ジリ高 ・・・ 一方、AUS RBA理事会議事要旨やロウRBA総裁の「6月の利下げを検討」発言がオージー売りを誘い、きのうの上昇を帳消し!

△GDPで円安もカラクリで円高再発!

JPY 1-3月期GDP・速報値=前期比△0.5%・年率△2.1%(市場予想±0.0%・▼0.2%)… @08:50 2四半期連続プラスと上振れ、市場予想との乖離の分、円売り・株高を誘ってスタートの週明け♪

ただ、NHKニュース7でも詳しく解説してたけど、「公共投資はプラス1.5%も、個人消費はマイナス0.1% ・・・ 輸出はIT関連の需要の落ち込みからマイナス2.4%、輸入は去年の秋以降の原油価格の下落でマイナス4.6%と、10年ぶりの大幅な減少となり、この結果、輸入の減少が輸出の減少を大きく上回ったことで、計算上、成長率を押し上げる形に」・・・ っていうカラクリが!

クロス円反動、ドル中心の明日からの為替相場か!?

ドル高基調でCLOSEした先週末から、今週は米金融当局者発言でブレながらも、一定の方向感が出そうなドル中心の為替相場になりそうですね!?  一方、円はクロス円で反動の上昇もあってもおかしくないけど・・・

メイ首相の出処進退報道、そして週末のトランプ大統領の来日(貿易不均衡+為替水準に言及?)や欧州議会選挙を控え、発言+思惑+様子見が交錯する相場展開かな!? ・・・ そんな明日からの気になるイベント・チェ~ック♪

シナリオ・トランプ氏来日を迎える来週は!

westminster-1472806_640

US 5月ミシガン大学消費者態度指数・速報値=102.4(15年ぶりの高水準/市場予想97.5)ってこともあって、ドル堅調の一方で ・・・ UK『EU離脱巡る英与野党協議が決裂、先行き再び不透明に』(REUTERS)とますます着地点が見えなくなってきたことで、ポンドはアリ地獄にハマった感じで来週へto be continued!

さ~て来週は、まず月曜日は、本邦1-3月期GDP速報値に反応するも、シンガポール勢がお休みで、翌火曜日早朝にはパウエル議長の講演が予定されてることもあって、見極めたいモードながら円高・株安で推移しそうな東京市場?

来週また売りで出直しを迫られる?

米中対立激化警戒も、ドル円は下値を切り上げ一時110円台を回復 ・・・ 日本株は、香港・中国株が大幅反落へと沈む中で、上げ幅縮小も反発で大引け♪ 日経平均は、△183⇒△335⇒△187円

・・・ ドル円は110.03ワンタッチあとは下押し、109.55タッチ ・・・ そんな流れで欧州勢につなぎ、揺り戻しも小さく、ドル円もクロス円も再下落中!

トランプ政権のファーウェイによる米製品調達を事実上禁止で、『中国、米国との協議継続に今は関心ない可能性』(Bloomberg)と、進展が望めない雰囲気の米中貿易交渉。

下値模索も一進一退か!

トランプ政権、EUと日本への自動車関税の判断を先送りっていう昨日の判断を前日の海外市場は好感も ・・・ 対中国に対してファーウェイによる米製品調達の事実上禁止報道が東京市場に水を差し、日経平均は反落~)(´O`)(~

そして『英首相に6月前半までの退陣を与党議員要求か-欧州議会選後の観測も』(Bloomberg) ってこともあって、ポンドは軟調、しばらくは下値模索? ・・・ ちなみに、米国の中東地域に原子力空母派遣で、中東リスクも気になるも、欧州株は続伸中!

バナーワイド

TOPへ