」を検索した結果、7813件の記事が見つかりました

ドル円下落+株高の基調で8月相場へ!

kud0045-004

市場予想を上回る米企業決算に、業績悪化への過度の警戒感が和らいだ米株高に、米リセッション入りでFRBの利上げペースは緩めるとドル円は売り戻し優勢でCLOSEした7月相場!

パウエルFRB議長のインフレ抑制を重視するタカ派発言@ECB金融シンポジウム(6/29)でドル円上昇+株安スタートも ・・・ 街頭演説中の安倍元首相が銃撃され死亡(7/8)、第26回参議院選挙で自民党が改選議席の過半数を確保し圧勝(7/10)・・・

ごく自然な円安トレンドは7月入りで…?

wtr0020-003

カナダ中銀の利上げで幕開けした6月 ・・・ RBA、ECB、FRB、BOE、さらにSNBのサプライズ利上げに対し、黒田・日銀はかたくなに対極的な金融緩和策継続堅持で、ごく自然に円安トレンドを形成。

一方、上海市のロックダウン解除はあったものの、ウクライナ情勢から穀物や原油など原料高騰、世界経済の見通し不透明で株価はパッとせず・・・

ECBの金融シンポジウムでのパウエルFRB議長がインフレ抑制を重視するタカ派発言(6/29)で、株安+ドル高に振れてドル円は137.00タッチ(6/29)も・・・

高値圏のドル円も週末へWatch out!

girl-1438138_640

米3月個人消費支出(PCE)物価指数(4/29)が前年同月比△6.6%と1982年1月以来の高水準とあって、米株急落で迎えた “Sell in May” の相場は・・・

FOMC(5/4)でFRBが22年ぶりに0.5%の利上げ、量的引き締めも決定も、パウエルFRB議長が6月FOMCでの0.75%の大幅利上げに消極的姿勢を見せたことで一転、米株急反発(^_-)

日本株は大型連休中で乱高下に巻き込まれはしなかったものの ・・・ 米4月CPI(5/11)=前年同月比△8.3%(市場予想△8.1%)に、FRBによる金融引き締め警戒感 VS

下落のドルと株にも買い戻しムード!?

ちょっと前まで強い米経済指標の数字に株価回復の兆しが見られていたのに、足元、米小売り大手の冴えない決算発表をきっかけに米株は続落更新劇が演じられる始末┐(´.`)┌

円は、日銀の大規模な金融緩和を維持の変わらぬ方針(4/28)+米金利先高感で、日米金利差拡大を見込んだ円売り基調に、ECB理事会議事要旨(5/19)からECBの7月利上げの見方浮上してユーロ買い誘発も、リスク回避から米長期債続伸(利回り低下)でドル円は下落へ転じてみたり・・・

思惑リードの円安から仕切り直し!

ロシアによるウクライナ侵攻で日本も含めた欧米によるロシアへの経済制裁、さらに中国・吉林省長春市や深圳・上海などで新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウン ・・・

ロシアの輸出減による原油需給の逼迫 ⇒ 米国など戦略石油備蓄の放出で、原油は「高騰⇒下落」。 そして、BOEとFRBの利上げに対し日銀は初の「3日連続指値オペ」(国債無制限買い入れ)など金融当局の動きも活発で・・・

欧州通貨安・株安! 金利高競争へ?

easter-2204277_640

2月、北京冬季五輪(4~20日)まで、ほどほどに欧米の “金利動向” と消費者物価指数の上昇で一喜一憂してたマーケットだけど ・・・ 一転、ロシア・プーチン大統領(の御乱心? 病気?)によるウクライナ軍事侵攻(24日)でリスクオフへと大ブレイクの展開(>_<)

・・・ 3月、先週末4日には、ロシア軍による欧州最大級のザポリージャ原子力発電所(ウクライナ南部)攻撃・掌握で(将来、戦争犯罪の罪で裁かれるべき事態に?):

2月、ドル円底堅く、株価持ち直し?

昨年末の流れを引き継ぎ、米金利上昇にドル高+株高で好スタートした年明け相場、新型コロナ “オミクロン株” の猛威に加え、ロシアによるウクライナ侵攻への地政学リスクが意識されて崩れかかったマーケットも・・・

軽症や無症状が多いとオミクロン株を楽観視する見方もあって中休みしたけど ・・・ FOMC声明で「まもなく(政策金利を)引き上げるのが適切」、パウエルFRB議長の「3月利上げの可能性を除外しない」発言(1/26)に、株価は最後ガタガタに崩れちゃった1月のマーケットをPlayBack!

悪くない相場展開を魅せた2021年

seijin_no_hi

英国のEU完全離脱で始まり、マーケットは新型コロナウイルスの変異に翻弄されながらも、円安進行、ドル円は年間ベースでなんとか2年連続二桁レンジを確保した令和3年 ・・・ また、菅前首相の自民党総裁選不出馬表明(9/3)で日本株は1990年の株価水準にまで回復(^^♪

・・・ さらに欧米株は最高値更新を繰り返し、終わってみれば、株価指数は持ち株ほど悪くない動向を魅せた2021年のマーケットPlayBack!

金融政策正常化へ舵切る2022年!

yam0065-049

新型コロナウイルス “オミクロン型” の世界的な感染急拡大の中 ・・・ FRBは緩和縮小終了の前倒しを決定し(12/15)、BOEは2018年8月以来の利上げ(12/16)の一方で、中国人民銀行は利下げ(12/20)と、各国中央銀行が2022年へ向けて動き出した2021年12月のマーケットPlayBack!

バナーワイド

TOPへ