」を検索した結果、7427件の記事が見つかりました

反動・損切・手仕舞【114・64】

fashion-1683364_640

あまりいい響きじゃないタイトルだけど、今年もあと1カ月半と迫っても、”イタリア19年度予算案と英EU離脱交渉、米中貿易摩擦、米政策金利の舵取り” ・・・ そして年末年始要因っていうテーマに翻弄させられたまま・年越ししちゃいそうなマーケット┐(-_- )┌

英EU離脱協定を巡る政局に売られたポンド、トランプ大統領のイラン制裁と減産牽制に売られる原油、米中対立で世界経済の減速が意識され、クラリダFRB副議長の “中立金利に近づいてる” に反応、米長期利回り低下でドル円下落・・・

112円台へ逆走! ここで拾う?

FOMC声明で12月の追加利上げが示唆(8日)され、米金利上昇でドル円堅調と思いきや、英EU離脱交渉を巡って実務レベルで合意が与党内からの反発を食らう展開にポンドが乱高下(+。+)

・・・ その余波や、原油下落と株安、米金利低下・「クラリダFRB副議長が利上げサイクル終了示唆」(CNBC/REUTERS)でドル円は112円台へ逆走し、この水準ではMineしたい気もしながら来週へto be continued! そんな1週間を、PlayBack┌(。>_<)┘

ちなみに来週は、US Thanksgiving Day(22日)にBlack Friday(JPY 勤労感謝の日)を挟み、ポジション調整やX’mas商戦への思惑から、ドル円も株価も方向感が出そうで出ない読みづらいマーケットになりそう┐(´.`)┌

£売り疲れ?ドル円、来週は飛ぶ!

icon-1691363_640

英EU離脱交渉の不透明感+英政局(相次ぐ閣僚辞任と与党がメイ首相不信任決議?)からハチャメチャに崩れたポンドに売り疲れ!? 強硬離脱 or 2回目の国民投票 or メイ首相辞任 or 総選挙実施 と様々な憶測が流れてるけど・・・

東京市場では膠着状態からメイ首相辞任の思惑後退で下げ止まりの気配のポンドに対し、日本株の続落でドル円は下落と、こちらもいいとこ無しの1週間!

ポンドが一人芝居! ドル円は傍観者で…

合意なき離脱回避の第一歩クリア ・・・『EU離脱協定の暫定合意案、英閣議で了承 ―― 英国全土、一定期間「関税同盟残留」』(日経) これに対EU強硬派は反対してるようで、クロス円は大相場! 

英10月消費者物価指数=前年比△2.4%(市場予想△2.5%)がポンド「売り」を誘い、さらに “声明の公表” を巡って二転三転のニュースヘッドラインで「反発&急落」と目まぐるしかったですネ!

一方、米株に反発の兆しなく、米金利低下もあってドル円はじり安・・・そして今日の東京市場では、中国株が大幅反発で日経平均は下げ幅縮小▼232⇒▼27、ドル円は方向感なく狭いレンジで右往左往。

そして欧州勢参入で、またまたポンド・ショータイム! ・・・『英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案に抗議』(REUTERS) きのうのポンド高を帳消し、このあとのNY市場でのイベントもコケたら円高・株安に!? Watch Out!

ジリ下げ、ひっくり返せる!変調続くか?

円は、朝方こそNY市場の流れを引き継いで売りっ気も、中国株が冴えず、日本株の上げ幅縮小に伴って買い戻され ・・・ 欧州勢参入後は、DUT @16:00 7-9月期GDP・速報値=前期比▼0.2%(14年4-6月期以来のマイナス成長)・前年比△1.1%(市場予想▼0.1%・△1.3%)っていう数字や、イタリア売り(株安・債券安)にユーロ落下!

・・・ 交渉官レベルでの英EU離脱協定暫定合意に、このあと UK 閣議招集@23:00で、そして EU 大使級会合からニュースヘッドラインは何を伝える? クロス円、Watch Out♪

ジャンプアップのポンド!今夜コケる?

brexit-1485004_640

ポンド・デーとなった前日の海外市場 ・・・「『英EU、離脱合意草案で合意 強硬派は反発』―― 14日・日本時間午後11時に閣議を招集」(REUTERS)ラーブ英EU離脱担当相の24-48時間以内にBrexit交渉妥結発言でポンドが踊りだし・・・

実務レベルで合意しただけなのに、ポンド円は146.00⇒148.73、ポンドドルは1.2834⇒1.3046、ユーロポンドも0.8709⇒0.8657(4月18日来の安値)タッチ! ・・・ ユーロもつれ高、ユーロ円は128.75、ユーロドルも1.1220⇒1.1293へ急伸

きょうは “英閣議+EU大使級会合” までは思惑交錯でポンドの乱高下に為替相場は揺れ、いざ “閣議+会合” で、コケるか? 好感か? ・・・ ただ、原油続落に米株が反発せず、ドル円の動きは鈍そう!?

NY市場での反動に期待!

前日のNY市場の流れのまま、きょうの日経平均は寄り付き(▼384.64)から大幅反落、一時▼785、そして結局大引けでも▼459(>_<) ・・・ ドル円の中心レートは:114.09(きのう)⇒ 113.70(きょう)@TokyoTime

さて、イタリアの修正予算案提出が怪しくなってきたけど、『中国副首相と米財務長官が貿易で対話再開-関係者=WSJ』(Bloomberg)――「香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)、劉副首相が近くワシントンを訪問する見通し」ってこともあって、NY市場での米中貿易摩擦の緩和と昨日の反動相場に期待!

円、小波乱の修正あと、またなびく!?

obt0004-002

ドル円は「114.21」(10月4日以来の高値)タッチ! ・・・ 「英政権幹部、合意の可能性に悲観的」(FT)にポンドが、そして明日の欧州委員会へのイタリア19年度予算修正案の提出期限を控えユーロも売りっ気で、ユーロドルは「1.1240」(17年6月27日以来の安値)タッチ!

NY市場がVeterans’ Dayの振替休日ってことで、NY勢のLeave Order(ストップロス)を付けに行ってる感じもするけど ・・・ このあとは、London Fixingで為替相場はちょっと修正あと、緩やかに円買いへまたなびきそうな予感!

明け方の サンフランシスコ連銀総裁(FOMCメンバー)の講演@28:30 にちょっと注目するなら、あすの安倍首相&ペンス米副大統領の会談にも(б。б) 2国間の貿易協定で為替条項絡みの思惑相場に? Watch Out!

X’mas商戦へ市場ムード改善か!?

週単位で変わるイタリア予算案と英EU離脱を巡る温度差、そして米中貿易摩擦絡みで注目される中国経済への影響で、為替も株式相場も方向感なく行ったり来たり(; ̄O ̄)

さらに、米国 vs イランで原油相場の下落と米金利上昇が米株に影を落とし、債券+株式+原油相場が為替相場を揺れ動かしてるけど ・・・ 一つひとつのトピックでシナリオを描くと、意外とディールしやすい! そんな今週の気になるイベント・チェ~ック♪

ちなみに、そろそろX’mas商戦が意識され始める時季となり、米国の景気動向と照らして市場ムードは悪くない方向へ向かってもおかしくないこの先のマーケットかな(^_-)☆ ・・・『中国「独身の日」、「アリババ」取引総額は3兆円超か』(TBS)っていうしネ!

バナーワイド

TOPへ