」を検索した結果、7611件の記事が見つかりました

G20へ理想的な107円・株高!

dsp0001-001

G20サミット・バージョン! ・・・ 足元、円相場と日本株動向のリンクが外れ、”YOURS” としては理想なマーケットになってるネ(^^♪

・・・ ドル円は米金利動向に左右され、そのNY市場では利下げ観測に株高っていう流れに日本株は追随して推移!

ドル円は107.47と1月3日以来の安値ワンタッチあと、黒田日銀総裁の「物価上昇の勢い失えば躊躇なく追加緩和を検討」発言もあって揺り戻され ・・・ 日経平均株価は5月8日以来の高値水準に(^_-)

107円台も抜け切れず、MPCへ!

FOMC声明、「(利上げに)忍耐強くなれる」が削除され、「(経済成長)堅調⇒穏やか」と下方修正。さらに、(景気拡大支えるために)「適切に行動」と、早期利下げの可能性を示唆!

また、「政策金利見通し(ドットチャート)では、17人の参加者のうち8人が年内利下げを見込んでいた(3月時点で利下げ予想はゼロ)」(日経)・・・「金利見通しで、参加者の2020年末の中央値が現状より0.25%低い水準になった(3月時点では0.25%の利上げ予想)」(日経)

動き出した! 反発と下押しから…?

前日、来年秋の大統領選に “Keep America Great!” で出馬表明したトランプ氏 ・・・ まずは「対中貿易協議の再開へ」・「大阪G20で会談へ」・「米中首脳、電話会談」っていうニュースに、円売り・株高で反応したNYマーケット。

一昨日は、米6月NY連銀製造業景況指数が大コケも、対メキシコ関税の発動見送り前の調査で参考にならないっていう見方から、米株高+米金利上昇=ドル円動けず(”17銭” のレンジ@NY)っていうまたおかしな様相になっちゃって・・・

きのうは、パウエルFRB議長の先手を打ってドラギECB総裁が追加緩和の可能性示唆、英国・保守党党首選(第2回目)で10月末のEU離脱を強調するジョンソン氏が再びトップになるなどして、ドル円は「108.06~67(7日以来の安値)」と動き出す予兆が見られたけど・・・

BOXのドル円打破へ、利下げ予告 ある・ない?

dollar-1644801_640

米金利低下でも、中東でタンカーへの攻撃、香港でデモ衝突、そして英国の合意なきEU離脱が現実味を増すなどなどのリスク浮上も、なんせ動きが鈍いドル円 ・・・(7日)107.88 ~ 108.80(11日)と他の通貨ペアに比べて見劣り!

米利下げ観測が米株上昇を誘い、リスク回避の円買いと相殺してるっていう見方がある中で、さ~て明日からの1週間でBOXの殻を破るか?・・・

11日から12日が転機に! 週明けは…

冴えない米雇用統計にFRBの7月利下げ説浮上、そしてトランプ大統領の対メキシコ関税の発動見送りとツイートで、”期待” を寄せた今週のマーケットは・・・

11日の CN 地方債の使途制限を緩和や、UK 平均週間賃金の上昇を好感、ユーロなど通貨安誘導を牽制するトランプ大統領のツイートで欧州通貨高・株高のステージもあったけど・・・

HKG「中国引き渡し」条例を巡り警官隊とデモ隊が衝突(12日)、ホルムズ海峡付近でのタンカー攻撃で(13日)中東の地政学リスク再燃、そして UK 与党・保守党党首選の1回目の議員投票で、EU離脱強硬派・ジョンソン前外相が第1位(13日)となるなど “不透明感” 浮上、欧州通貨が売り込まれ、株価下落でCLOSEした、今週のマーケットPlayBack!

ドル、独歩高で来週へ! でも…

英EU離脱を巡る先行き不透明感から買えない欧州通貨に対し、『米小売売上高:5月は広範囲に増加-早期利下げ見通し不透明に』過去2カ月分も上方修正(Bloomberg)・・・ まあまあだった “数字” がドル買いを誘って:

・USDJPY=108.59、EURUSD=1.1203(6日以来の安値)、GBPUSD=1.2581(5月31日以来の安値)タッチ!

・・・ でも、”数字” で一転上昇に転じたドル円は、米10年債利回りは17年9月の低水準アラウンドで推移、米株反落したし、来週のヴェクトルは “?” かな!

円買い優勢でも…♪

brexit-2123573_640

米5月輸入物価指数、前月比で5カ月ぶりに低下、5月消費者物価指数も低調で、早期の米利下げ観測/米30年物国債入札は好調とあって債券が買われ(金利低下)・・・

そしてホルムズ海峡付近でのタンカー攻撃を材料に原油・米株反発も、中東の地政学リスク再燃で逃避資金がGOLDや円買いにも流入した前日のNY市場!

・・・ そんな流れを引き継いでの東京市場でも、円高=株高とちょっと見慣れないパターンで推移し、今週はCLOSE♪

そうそう、前夜、英与党・保守党党首選の1回目の投票でEU離脱強硬派のジョンソン元外相が大首位となった結果に、一時ポンド反発とちょっぴりサプライズも ・・・ きょうは売りっ気たっぷり、ユーロもつれ安!

ドル底堅い!?

一時、香港株▼483、オーストラリアの失業率悪化で売られたドル円だったけど、そのあとは底堅く推移も、日本株は終始マイナス圏 ・・・ 東証1部売買代金:1兆9028億円と18年8月17-27日(7日連続)以来の6日連続2兆円割れじゃ、どうしようもないか!? さ~て、ポンドやユーロに手が出しづらい中で、今夜のNY市場では?

通貨安牽制! 円買い要素噴出で…

dsp0001-001

トランプ大統領のユーロなど通貨安を牽制するツイート、そして利益確定の動きを見せた米株安のあおりを受けて、マイナス⇒プラスの日経平均は HKG 「中国引き渡し」条例を巡り、『香港 抗議の若者を警察が強制排除に乗り出す 双方にけが人』(NHK)で、香港株安にもつられて4日ぶりに反落(>_<)

円は堅調、ドルは軟調で推移し、欧州TIMEでは英国の次期首相の有力候補、ジョンソン前外相の「合意なきEU離脱、目指してない」でポンド買いも ・・・ 『欧州委、英の合意なきEU離脱への準備呼び掛け』(REUTERS)と、もしかして円が買われる要素噴出の連鎖へ(*’-^)

バナーワイド

TOPへ