」を検索した結果、7513件の記事が見つかりました

ブレグジットくんの邪魔もポンド急伸劇の顛末は!

moon-1315172_640

前日、連休明けのNY市場 ・・・ 米国、人民元の安定で中国にプレッシャーっていう報道で “ドル安・元高” がリードしてドル軟化も、米中貿易閣僚級会合(21-22日)+ トランプ大統領が交渉期限(3月1日)について延長の可能性を再示唆 で踏ん張り。

その上をいったのが、「英国の賃金、10年ぶりの大幅な伸びを維持」(REUTERS)+ 20日のメイ首相とユンケル欧州委委員長との会談を前に、離脱協議進展に期待したポンドの急伸劇! ・・・ ホンダの「21年中に英工場閉鎖の方針発表」で波紋が広がってる中で、このポンド買い?

NY勢戻っても…黒田発言に円売りっ気?

obt0004-002

前日のNY TIME(祝日)では、ほぼ横ばいで推移した円相場だったけど ・・・ きょうの東京市場では買い先行あと、『日銀総裁、為替が経済・物価に影響し目標達成に必要なら緩和検討』@衆院財務金融委員会(Bloomberg)で一転、売りへとなびきましたネ!

きのうは一日を通して動意薄だった円相場だっただけに、格好の “材料” に飛びついたマーケットにしか見えないんだけど┐(-_- )┌ ・・・ さ~て、連休明けのNY勢は何を材料にトレード! 引き続き、米中貿易協議進展への期待?

ドル円切り上がる! でもね…

米中貿易協議の継続・進展への期待から、先週末の米株高、そして中国・上海株の反発にも支えられて、日本株も大幅反発♪ ・・・ 株式市場は楽観的な一方で、ドル円は買い先行・切り上がりを見せるも、Tokyo Timeでなんと “13銭” のレンジで揉み合い状態に陥り、見るとこ無し!

クロス円も似たようなもんで ・・・ まあ、きょうは米国が祝日だからしょうがないか!? 今夜のLondon Fixingと、あすの AUS @09:30 RBA理事会議事要旨、それに欧州Timeでの “数字とECB当局者発言” での動意に期待しましょう♪

クロス円、その反動は?長期保有に不向きか…

wmn0004-009

俄然面白みを増すクロス円 ―― 日本時間3月30日午前8時(現地29日午後11時)の英EU離脱が迫ってるのに、英議会でのEU離脱の手続きは順調に進んでいるとは見えず・・・

さらに、先週15日にはスペイン・サンチェス首相が議会を解散。4月28日の総選挙の結果次第で極右政党が絡む連立政権の誕生か?

・・・ 欧州に政治の混乱が巻き起りそうな今春を見据えれば、クロス円はショートにしておいても利食いのチャンスはこの先いくらでもありそうな気もするけど、最近のマーケットはいやにスンナリと経済指標の数字にも反応してるし、長期保有でポジション・キープする地合いではなさそう┐(-_- )┌

来週は、円売り加速?

すべて一件落着とはならないまでも、米政府機関の再閉鎖は回避、米中通商協議は来週も継続(トランプ大統領、合意期限延長を示唆)となって、”期待持ち越し” で終えた今週のマーケット!

ただ、一時、『米中通商協議、改革要求めぐり依然隔たり大きい」でドルが売られたり、「英議会、メイ首相のEU離脱方針を否決(賛成258 vs 反対303)」でポンドが急落したり・・・

「トランプ大統領の非常事態宣言による壁建設の強硬手段は憲法違反と野党は法的手段で対抗の構え、政権運営の先行きは不透明」っていう見方もあって、週末の “円安・株高” は単に3連休を前にしたショートカバーが入っただけに過ぎないのかも?

でも来週は、米中通商協議に進展が見られるようだと、リスクオンで円売り加速も!? もちろん、ちゃぶ台返しってことになったら倍返しが待ってるけど ・・・ まずは UK 1月小売売上高の数字に助けられ、£>€>$=¥ でCLOSEした今週のマーケットPlayBack!

リスク選好! ドル円は足踏み…

NY勢は3連休(18日 Presidents’ Day)を控えてショートカバーのポジション調整を進めた一方、来週@ワシントンでの米中通商協議の継続と米予算案成立で政府閉鎖再閉鎖の回避を好感し、期待先行・リスク選好で米株は大幅高♪

また、『ECB、新たな長期資金供給オペ可能 現在討議中=クーレ専務理事』(WSJ/REUTERS)、『ドル下落、FRB当局者(サンフランシスコ地区連銀総裁)のハト派発言(年内の利上げ不要)受け=NY外為』(REUTERS)っていう発言もあったけど、クロス円急伸・ドル円は足踏み状態で来週へto be continued!

予感的中! 山場は来週へNY勢の〆方は…

usa_china-2636250_640

なんか先週末のブログ・『たぶん行って来いに…』の予感が当たっちゃった感じで、円売り・株高の流れが一夜にして反転♪ その前日のNY市場での出来事は今朝のブログ通りだけど・・・

週末・きょうの東京市場では出先で雪が舞った挙句に、CN @10:30 1月消費者物価指数=前年比△1.7%(市場予想△1.9%)/1月卸売物価指数=前年比△0.1%(2年4カ月ぶりの低水準/同△0.2%)でまたまた円買い、ドル円は110.25(月曜日以来の安値)タッチ!

そのあとは、クロス円ともども円売りへなびいたり揺れ動く展開に! ポンドは、UK @18:30 1月小売売上高=前月比△1.0%・前年比△4.2%(市場予想△0.2%・△3.4%)っていう数字に、売り込まれずに済んだけど・・・

さ~て、NY勢は “トランプ大統領の予算案署名(政府機関再閉鎖は回避)+壁の建設に非常事態宣言へ”、そして米中通商協議は来週も継続@ワシントン っていうトピックに、マーケットをどう〆る? Watch Out!

円急伸! ネガティブ材料出過ぎて…

US @22:30 12月小売売上高=前月比▼1.2%(09年以来の低水準/市場予想△0.1%)/1月卸売物価指数=前月比▼0.1%・前年比△2.0%(同△0.1%・△2.1%)/新規失業保険申請件数=23.9万件(同22.5万件)
US @24:00 11月企業在庫=前月比▼0.1%(同△0.2%)

・・・ っていう数字から、米景気減速懸念浮上に加え、『米中通商協議、改革要求めぐり依然隔たり大きい-関係者』(Bloomberg)と同協議も冴えない様相に、ドル円は110.45へと逆走!

さらに、『英議会、メイ首相のEU離脱方針を否決(賛成258 vs 反対303) 協定案修正巡り』(REUTERS)・『英議会、メイ首相のEU離脱戦略に「ノー」-支持問う動議を否決』(Bloomberg)

・・・ 合意なき離脱を懸念、ポンド売り誘発! ユーロ円も反落と、押し出されるように円買いへ傾いたNY市場(¥>€>$>£)。 さ~て、きょうの米中閣僚級会合で週末相場は?

抜けて111円!今夜もう一つ緩和なるか?

引き続き米政府機関の再閉鎖が回避の見方(『米国は対中関税期限の60日間延長を検討』Bloomberg)と米中貿易交渉の進展期待から、ドル円は111.13(18年12月27日以来の高値)タッチとLiftoff! ・・・ 今夜もう一つの懸念事案・英国のEU離脱への不透明感が緩和されるか!?

DUT @16:00 10-12月期GDP・速報値=前期比±0.0%/前年比△0.9%(市場予想△0.1%/△0.8%)/1月卸売物価指数=前月比▼0.7%(前回▼1.2%)・・・ っていう数字もあって(誤配信のオマケ付きもあったけど)、ユーロ落下。 さ~て、このあとは♪

バナーワイド

TOPへ