」を検索した結果、7802件の記事が見つかりました

やっぱりブーメラン!今夜のNY市場からは…

dsp0001-001

株価下落基調でスタートの10月 ・・・ 自民党総裁に岸田氏が選出(9/29)されたあとに、「ご祝儀相場のないスタート 国民はシビアな目でみている」と立憲民主党のとある幹部は言い放ってたけど、原油高+米金利高+欧米株安のトレンドで、日本株だけが上昇するわけないじゃん!

・・・ と思ってたところ、案の定、総選挙(10/31)で立憲民主党が惨敗判明の翌日の日本株は急反発♪ ある自民党幹部は「立憲共産党」なんという造語を生み出し、また今回の選挙にある政治評論家は「政権交代ではなく代表交代選挙になった」と笑えるコメント。ともあれ、政治家が株価動向を持ち出して相手方を揶揄すれば、結果はやっぱりブーメランってことかな!?

ドル円高止まり、株は続落一服!?

今日のところはここまで、前日の米株反発に日本株は続落(昨日まで2019年4月26日-5月14日以来の7日続落)一服も ・・・ 9月前半までは好調だった相場展開は一転、中国・恒大集団の経営危機を発端に、中国不動産バブル崩壊か? リーマン危機の再来か? とマーケット心理が下向きに(>_<)

FOMCでテーパリングは近く正当化されると年内開始を示唆した一方で、パウエルFRB議長は利上げには慎重姿勢(22日)を見せるも・・・

ノルウェー中央銀行が2年ぶりに政策金利引き上げ、ECBの早期引き締め観測浮上や、MPCでメンバー2人が資産購入額の縮小を主張(23日)。 さらに、中国人民銀行の仮想通貨関連サービスの全面的な禁止発表(24日)したり・・・

アノマリーが効く日本市場!

han0315-049

“日本での五輪開催年には首相が交代” っていうジンクスがまたまた現実になっちゃいましたネ! ・・・ 東京五輪・1964(池田勇人首相)、札幌五輪・1972(佐藤栄作首相)、長野五輪・1998年(橋本竜太郎首相)、そして東京2020で先週には菅義偉首相が今月行われる自民党総裁選挙に不出馬を表明┐(´.`)┌

それに対して、マーケットはアノマリー(よくあてはまる経験則)が効いて、先週末は日本株が大幅高♪ ・・・ 日経平均(584.60△2.05%)は6月16日以来の高値、シカゴ日経先物(9月物)は前日比△985円高の2万9595円(大取終値比△435円)でCLOSEして週明けのあすへto be continuedo(^-^)o

円高、米株独り勝ち、そして最多金♪

tokyo2020-20210723-0808

東京都内で新型コロナウイルスの感染者数が初めて4000人を超えて、過去最多の4,058人(7/31)・・・ そして1年延期の末に開幕した東京五輪2020(7月23日〜8月8日)は、最多金メダル9個獲得っていう柔道の貢献もあって大会前半で過去最多の17個の金メダル数と、記録ずくめの中での7月のマーケットPlayBack!

ドル円上昇、株価は復調、五輪相場は…

mushroom-2798150_640

FOMCあと、ゼロ金利解除期待が高まり(6/16)、さらにブラード・セントルイス連銀総裁の「インフレ加速で2022年にも最初の利上げ」発言で早期の米利上げ観測誘発(6/18)、当日の米株、そして週明けの日本株は大幅安を記録したけど、米指標や経済回復期待から株価や原油は好調に推移・・・

7月に入ってすぐ、先週末(7/2)の米株3指数はそろって最高値更新♪
NYダウ=「34,786.35」、Nasdaq=「14,639.32」、S&P500=「4,352.34」(7日続伸)

ポンドとドル円、日本株は…

新型コロナの変異ウイルスの流行に、ワクチン接種で後れを取ってる日本の状況、そして再延期や中止もささやき始めたオリンピック東京大会の行方に一喜一憂、日本株は横ばい。

MPC委員の「2022年早い時期の利上げの可能性に言及」(5/27)でポンドが跳ね、好調な米指標でドル円上昇し、6月に入ってからは・・・

ドル弱含みから反転、日本株は桜と共に…

ドル弱含みで推移も、米国の数字に復調の兆しが見えた一方 ・・・ 桜の開花に浮かれてコロナ再拡大(東京・大阪は3度目の非常事態宣言発令)、日本株は世界に取り残されたような軌跡を刻んだ、4月のマーケットPlayBack!

金利高の株暴落から、円安への1カ月!

freefoto14

コロナ対策による巨額の財政出動と金融緩和継続で、金利高もあって円は売られた一方、2月末に暴落した株価は総じてシッカリの基調で推移した年度末の3月マーケットをGood FridayにPlayBack!

ドル円は高値圏、株は買い場だった!?

m010097

株取引アプリ「ロビンフッド」の取引制限措置絡みで、投機的な荒っぽい米国株動向の余波を受けてスタートした2月のマーケットは・・・

それでも株式相場の上昇基調が崩れることなく、債券市場で金利上昇もあって円は売られ、特にポンドは英政府によるイングランドのロックダウン措置の段階的な緩和計画発表(22日)で独歩高の展開を見せたけど・・・

〆は急激な金利上昇に株価は急落したものの、ドル円もクロス円も大崩れなく、3月7日に東京も緊急事態宣言が解除されれば、ムードは春爛漫。コロナ・ストレスも市場の高値警戒感も緩んで、株高・円安のトレンド継続って気もしてきた3月相場が幕開け・・・

バナーワイド

TOPへ